18ACFB9D-74B2-4C42-B6C6-CE1B0577A6E3



⚠️あくまで個人の感想、経験ですので、この人にはこんなことがあって、そう考えるようになったのねと客観的に読んでいただきたいです。それぞれの治療をけなす投稿ではありません。どんな治療を選ぶかは結局本人の意思によるものだと考えています。なので、申し訳ないのですが、どうぞコメントにご自分の信じる治療法などはを書かないで下さい。

この話は今から20年ほど前の出来事なので、スマホは無く、インターネットはやっと家庭用LAN回線が一般化したくらいでした。

ちなみにじゅんちゃん夫婦には子どもはいません。

ガン治療やホスピスについての一般的な考え方、対応も現在とは違います。

漫画なので、細部まで細かくすべてを書くことはできません。

どうしても伝えたいことだけを書いています。

批判的なコメントなどはおやめ下さい。





「鼻腔ガンになった話 もうすぐ退院編」を1話から読む




一個前の話




8EACFEC8-086C-4F7A-A0C0-45A13F8C6FB2



5219A907-72B6-403A-AC7F-008F22564ED3



0FC4F440-B90C-4585-A5CC-7E4A5546F342



675588D4-85C0-4B94-B305-4F0007979CE6



6BB96660-3BD6-44E8-81DD-6513FA93FE8A



FB28FE90-9DDC-4E03-9617-2EEDDDF6115B



どんどん悪い方向におじちゃんの評価が傾いてきている雰囲気は感じていたものの、何もできなかった話です。

表立ってみんな(じゅんちゃんたちの知人友人や親戚一同)は文句を言うわけでもなく、不満を心にためている状態だったと思います。

おじちゃんが一生懸命やっているのもわかっているから

今じゅんちゃんが大変な時だからこそ言えませんでした。

でもこの時のおじちゃんには何を言っても理解してもらえない気もしたんです。

おじちゃんはこの頃一杯いっぱいだったんで、「自宅療養を応援してくれるっていうのは、みんなもじゅんちゃんのことを100%考えて動いてくれる。そういうことやろ」と考えている気がしました。

間違いではないんですけど、

全力でもたれかけられたら、支えきれない。

うまく説明出来ないけど、そういう状況だったと思います。


 

鼻腔ガンになった話 はじまり編

1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話23話24話25話 


鼻腔ガンになった話 入院編

 1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話

 

鼻腔ガンになった話 一時帰宅編 

1話2話3話4話5話6話7話8話


鼻腔ガンになった話 手術編 

1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話29話30話31話


 
鼻腔ガンになった話 もうすぐ退院編

 1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話13話14話15話
7F539F87-8067-4EE4-A88E-3C677117DA9B

LINE登録してもらえると私が投稿したらお知らせが届くようになります❗️






77963103-E51B-49B5-BD5C-B2AB14C6E7CC

拍手ボタン👏は下にあります。