IMG_4663

捨てるのちょっと待ったー!

簡単金継ぎやってみた🐙✨
とってもお手軽バージョンで、あくまでなんちゃって金継ぎです。

お正月に能登半島の地震があって、それからずっと自分に何ができる事は無いかなぁと考えていました。

考えて考えて出した結論が、今回の簡単金継ぎの動画作成でした。

思い出のある器や、お気に入りの器を捨てないでご自分で簡単に修理できる方法を知ってもらえたらと思ったからです。

といっても、最近流行のこの簡単金継ぎはあくまで素人向けの簡単なものです。

お金をかけて頑丈に修理したい場合は、きちんと金継ぎを専門でやっている陶芸家の方にお願いしたほうがいいと思います。
強度もクオリティーも桁違いなので。

安全性が心配な場合は、こういうムック本の中に食品衛生法についての記述等もありますので、読んでいただけると安心して使用することができると思います。

特にガッツリとかけてしまった場合、エポキシパテで修復するのですが、金継ぎ用のエポキシパテを使うと安心して使用することができます。

辛い時だからこそ、大切な陶器を捨てないで済みますように。

TikTokの動画はこちら💁‍♀️



IMG_4178_Original

本屋さんで買える金継ぎセットを使います。結構いろんな種類が出てますが中身は大体一緒です。


IMG_4179_Original

中身はこんな感じ。

IMG_4182_Original

合成漆、金粉、銀粉、薄め液、竹串が入っています。

IMG_4668




まずは合成漆を少し出します。
金粉も同じ量を入れます。大体で大丈夫🙆

IMG_4669




竹串を使ってねりねりします。
とんかつソース位の硬さにします。

IMG_4670

かけている部分に塗っていきます。
乗せるようにトントンと混ぜたものを塗っていきます。

IMG_4211_Original

塗り終わったら2 、3日乾燥させます。

IMG_4659

乾いたら完成!

普通に使えます🐙✨

ポイントは割れた箇所を見極めるところです。

ほんの少しでもかけた部分が、新聞紙の厚み1枚以上だったらエポキシパテで埋めてから簡単金継ぎを行った方がいいです。

今回私が使用したかけていた器は、釉薬部分が剥がれたような感じだったので、エポキシパテで埋めなくても大丈夫かと思ったのですが、クオリティーを上げるためには、エポキシパテで埋めてから金継ぎを行った方がもっと滑らかな修理ができたと思いました。

発売中です🐙✨よろしくお願いします🙇‍♀️


登録お願いします🌈